LINE公式アカウントの活用

名古屋で買い物代行するならMAMEHAL

LINE公式アカウントの活用

「LINE@始めました。」

そんな張り紙をよく目にしませんか?

それを見て、「LINEで集客できるの?」なんて思う方も多いのではないでしょうか?

今日はLINE@についてお話します。

ちなみにLINE@はLINE公式アカウントという名前に2019年に変更されました。

LINE@と

LINE公式アカウントの違い

2019年までLINE@という名前でサービスを提供していましたが、2019年4月から「LINE公式アカウント」に統一されました。

何が変わったの?って思う方が多いと思いますが、特に変わっていません。

大きく変わったのは2点。

1つ目はLINE公式アカウントは無店舗型の経営者、個人事業主でも登録できること。

従来のLINE@ではお店がないと登録ができませんでしたが、LINE公式アカウント​では、アーティスト、占い師など個人で活動している方も利用できます。

2つ目はメッセージ機能が改善。

従来のLINE@では友達登録してくれた人にメッセージを1か月1000件まで一斉送信できました。これは吹き出し一個1件のカウントなので。例えば1人にメッセージ1つ、写真1つを送った場合、2件送ったことになるので、最大500人までしか送れませんでした。多くの情報を送りたい場合、遅れる人数が減少してしまってましたが、これが改善されました。

LINE公式アカウントでは、一か月1000件は変わらないですが、1人に対して最大3件の吹き出しまでで、1件のカウントとみなされます。

ですので、より多くの情報が送れるようになりました。

LINE公式アカウントで出来ること

メッセージ配信

LINE公式アカウントの最も基本的な機能です。企業・店舗のアカウントを友だちとして追加してくれたユーザーに対し、メッセージを送ることができます。

LINEチャット

ユーザーとチャットを行うことが可能です。LINE@よりも機能が拡充され、複数のユーザーグループとのチャットにも対応しています。ユーザーから問い合わせを受ける、予約を受け付けるなど、電話対応の代わりとしても活用できます 。

自動応答機能/キーワード応答機能

「自動応答機能」では、ユーザーからメッセージを受け取った際に、自動で返信される内容を登録することができます。特定のキーワードをあらかじめ設定し、それに基づいて自動で返信を行う「キーワード応答機能」も活用可能です。

リッチメッセージ / リッチビデオメッセージ

「リッチメッセージ」は、画像やテキスト情報を1つのビジュアルにまとめ、簡潔でわかりやすく訴求できる機能です。通常のテキストメッセージよりも高い誘導効果が見込めます。「リッチビデオメッセージ」は自動再生される動画をメッセージとして送ることができる機能です。

リッチメニュー

LINE公式アカウントのトーク画面にユーザーが訪れた際、画面下部に大きく開くメニューです。メニュー内をタップすると、外部サイトへの誘導や事前に設定したキーワードの送信などを促すことができます。

タイムライン投稿

LINEのトーク画面以外に、タイムラインにも投稿することができます。投稿された情報は、ユーザーがメッセージやタイムライン上で友だちに「共有」することができます。

ショップカード

これは便利な機能で、私はこれがあるからLINE公式アカウントを作ったといっても過言じゃないです。

LINEのトーク画面から使うことができるショップカードを作成できます。紙のショップカード同様、商品購入やサービス利用・来店などでポイントを貯め、商品や割引券と交換することができるようになります。

クーポン・抽選

LINE上で使用できるクーポン・抽選が作成できます。作成したクーポンや抽選はメッセージ・タイムラインなどで配信・投稿が可能です。

LINE公式アカウントで集客できるの?

SNSの特徴は集客が簡単ということ。
 
LINEも同じで比較的集客しやすいですが、
 
登録したら、それで集客ができるわけではありません。
 
まずは地道に店舗や、ほかのSNSやHPで友達集め。
 
店舗にはお友達登録を促すポップなどを設置。
 
HPや、SNSなどにも誘導するようにしましょう。

LINE公式アカウントの活用法

 

LINE公式アカウントの活用は、

コミュニケーションツールとして使うことが大事です。

集客ツールとしても活用できますが、

その前にコミュニケーション。

コミュニケーションを取り合って購買率のアップや、

来店率を上げてもらうのが一番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です