5Gでできること

名古屋で買い物代行するならMAMEHAL

5Gでできること

最近5Gが話題になってますが、

「5G」って何?ってゆうか何が出来るの?

と疑問にお持ちの方も多いのではないでしょうか?

簡単に言うと、

「低遅延、高速、多接続」

これが5Gです。

だから何?と言われる方もいるかと思いますが、

何ができるかと言われているか。

  • 遠隔医療
  • 自動運転
  • 自由視点映像
  • 行動効率化
  • VR旅行、VRショッピング
  • ネットゲーム

これが今言われている、できること。

遠隔医療や、自動運転は想像できると思うのですが、

自由視点映像?行動効率化?

これは野球でよく説明されていますが、

今はカメラマンが球場の近くで何台かのカメラで撮影して、

それを僕たちが見せられている。

この見せられているという表現は、

例えばピッチャー目線が見たい!キャッチャー目線が今見たい!と思っても、

出来ないからです。

当たり前ですが、これが実現しちゃうって話です。

しかもVRでも見れちゃうので、自分がピッチャーの感覚で見れる。

VR見ていると、360度見られるので、

投げている途中でマウンドから2塁がピッチャー目線で見られる。

今迄ではありえない楽しみ方ができちゃうんです。

ボクシングだったらなんて想像するだけですごそうじゃないですか?

行動効率化

これはもうITによって自分の行動が管理されているという状況です。

目覚ましが鳴ると同時に遅刻するかわかる。

もしかしたら、寝るときに遅刻などがわかってしまうかもしれません。

これは今スマートウォッチが自分の健康状態をチェックしてくれるなんてものが

すでにあります。

この延長線上で考えると、

寝るときのアルコール摂取量、過去のデータなどで、睡眠のタイミングなどがわかります。

過去のデータから何時に起きれるか、起きてから家を出るまでの時間。

走れるスピード、駅までの距離、色々なデータでこれから起きるだろう結果が分かります。

いい風に考えれば、

遅刻しそうなら、自宅にUberを何時によんでもらったりして遅刻を未然に防いでくれるかもしれません。

行動効率化は管理される、管理できるとゆうことです。

VR旅行、VRショッピングは今シンガポールがすごい!

すでにシンガポールは現実の世界をVRで見られるように動いています。

日本にいながら、VRゴーグルを装着したら、

そこはシンガポール。

高画質の映像は没入感が高く、細部まで再現されたシンガポールは

現実とネットの区別がつかなくなるほどでしょう。(段階的に。)

VRでお店に入り、店員とリアル翻訳で会話をして、

ショッピングを楽しむ。

数日後に購入したものが自宅に届く。

こんなことが可能と言われています。

そして一番熱いのがゲーム。

ゲーム

これはもう期待しかありません。

現実とファンタジーの境界を越えてほしい!

熱くなってすいません。

ただ、これはすごいことだと思います。

人種、性別、年齢を超えたコミュニケーションができる世界。

僕はゲームの世界でこれが実現できると思います。

そこで暮らすなんて事ができちゃう世の中が来るかもしれませんね。

5G、6Gどこまでいけるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です